そういえば開いた状態のホッケしか見たことない

「ホッケ」が好きです。居酒屋でも注文するし、自宅でも焼きます。ふっくら肉厚で油がのっているホッケの開き・・・おや?私の記憶に残っているホッケは全部「開き」の形。そういえば開いていないホッケを見たことがないような気がします。何故なんでしょうか?気になるので調べてみました。

北海道の沿岸で漁獲されるホッケ。鮮度の落ちが早いため、私の住んでいる九州では生のホッケは流通しておらず、「開き」になってはるばる北海道からやってくるそうです。ちなみに、北海道ではホッケの刺身が食べられるようですね。お刺身のホッケ、一体どんな味なんでしょうか。いつか北海道で食べてみたいです。

なんだか、開き以外のホッケが食べたくなってきましたよ!ホッケ料理のレシピを検索してみると、煮付けやから揚げなど、開き以外のレシピもたくさんありますね。ただ、材料に「生ホッケ」とか「ホッケ2切れ」とか書いてあるのですが、残念ながら、九州では開いたホッケしか手に入りません!

「やはり九州人は開きしか食べられないのか」とガックリ検索を続けていたところ、ホッケの開きをリメイクするレシピを発見です。開いた状態のホッケ(焼いてない状態)から皮と骨を取り除き、身だけをすりつぶしてミンチにし、丸めてコロッケに。他にも、焼いたホッケの身をほぐしてご飯に混ぜたり。なんだ、結構いろんなレシピがあるんですね。これからはいろんなホッケ料理にチャレンジしてみたいと思います。


いつも冷凍されているホッケの開きを買うのですが、ずっと、自然解凍してから魚焼きグリルで焼いていました。ところが、先日主人から指摘されて、カチンコチンに凍ったままの状態でグリルに入れ、焼いてみたのです。そうしたら、解凍したから焼いていた時と比べて、ふっくら感、ジューシー感が増したのです!主人によると、解凍している間にホッケの水分が蒸発し、身がパサパサになってしまうようです。また、水分と一緒に魚の旨みも逃げてしまうため、解凍せずに焼いたほうが、味もいいのだとか。そんな豆知識、知りませんでした。美味しいホッケを買っても、調理の仕方を間違えると美味しさが半減してしまうというわけですね。気をつけなければ・・・。

美味しいホッケ。その栄養はどんなもんなのでしょうか?「魚」というとカルシウムが摂れるイメージがあるかと思いますが、そのカルシウム、なんと干すことで生の状態の8倍に増えるそうです!お刺身のホッケを食べてみたい、なんて言っていたけど、開きもいいじゃない!カルシウムの他にもDHAが脳を活性化させたり血圧の上昇を抑える効果があったり、カリウムがむくみを防止してくれるそうです。

なんだ!美味しいだけでなくて体にもいいんだ!これからは、もっと有り難い気持ちでホッケを食べるようにしよう。それにしても、こんなに流通技術が進化していってるんだから、そのうち九州でも生のホッケが食べられるようになるといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です