本場のホッケの美味しさを届けに

私はホッケの美味しい北海道に住んでます。

実家が水産関係の仕事でホッケはしょちゅう食卓に上っていたので

「居酒屋の人気メニュー」と言われてもピンと来ないのが正直な感想です。

私の中でのホッケは外食ではなく「家で食べるもの」だからです。

子供の頃、夕飯時には母親が無造作に焼いたほっけが

大皿に山盛りに乗っかっていました。

一匹まんまでは大きくてお皿に入りきらないため、

一匹を3つほどに切り分けて焼いたものだったのです。

脂の乗ったものはこんがりと焼けた皮まで美味しく、

骨の周りに付いてる身もしっかりと取り除いて食べたものです。

酒飲みの父などはそれをまたサッとあぶってお椀に入れ、

醤油を垂らしてお吸い物にしていたのも遠い記憶にあります。

余すところなど無く味わえた庶民の味だったのですが、

今では獲れなくなったせいか高級魚になりつつあるのが少し残念ではあります。

皆さんがホッケと聞くと

「開いて干したもの」を想像されるかと思うのですが

実は「煮つけ」も絶品なのです。

スーパーなどでは年中ナマのホッケが店頭に並べられていて

干物にすると一枚1000円ほどするものが

ナマだと一匹400円ぐらいで買えるのです。

「煮つけにしますので切って下さい」とお店にお願いすると

たいがいはぶつ切りにされてしまうのですが

実は「三枚おろし」で煮る方が格段に美味しいと思ってます。

買い物で生のホッケを見かけるたびに、

ついつい食べたくなって買ってしまうのですが、

調理が簡単で正味10分ほどで出来てしまいます。

醤油、酒、砂糖にショウガの千切りを入れて

煮立たせたところにホッケを並べ入れます。

落とし蓋をして中火で沸騰させながら10分。

火を止めてから3時間以上置いた方が味がしみてると思うので

夕飯に出すとしたら午後一番で炊き上げたほうがイイでしょう。

本州の知人に魚を送る時

「何がイイ?」と聞くと、やはり「ホッケの干物」と答えます。

大きくて食べごたえがあるのも人気の一つでしょうが

骨があまり細かくないので食べやすいという理由かもしれません。

そうして近年は冷凍技術が目覚ましく進歩しているので

本当に美味しいホッケの干物が食べられるようになってきました。

正直、以前は飲み会で出されたホッケを食べても「美味しい」と思うことはまず無く、

「よくみんなこんな脂焼けしたホッケを美味しいって食べてるな」と

内心思っていたものです。

店頭で開きを見ても骨の部分が赤茶けているとイキが悪いのが解ったり、

あまりにもテカテカしていると「上から油を塗ってるんだな」と見て取れたり。

本場モノを知り過ぎてるのも良し悪しなんでしょうけどね。

でも最近では真空パックで冷凍されているので塩分控えめでも

旨みや脂の乗りを落とすことなく味わえますし、

何より「冷凍便」で迅速に送ることができますから。

道外の人たちでもホンモノのホッケを味わえる機会が増えてきたのは

地元の者にとっては喜ばしいことでもあります。

そして、もし通販などでホッケの干物を買う場合なのですが

出来れば大きいサイズを買うことをおススメします。

小さいものは人間で言えばまだ「子供」で脂の乗りもイマイチだからです。

最後に、

こうして書いていても本当に残念だと思っています。

私の作ったホッケの煮つけを文章でしか味わってもらえないことが(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です