魚のほっけ ご存知ですか

と聞いても知ってるでしょうけど、そこまで詳しくもないとは思います。初夏から秋口までに出回る比較的に一般的な魚ですが、出回っているのは干物が多いです。居酒屋でほっけの開きを焼いたのしか食べたことのない人もいるかもしれませんが、いろいろな調理方法のある奥深い魚です。今日はそのほっけ料理をいくつか紹介します。

ほっけの干物ですがそのまま焼いて大根おろしにポン酢で頂くのも勿論おいしいです。この料理が優秀なのは美味しさもありますが、料理の簡単さと失敗しなささも要素としてあります。熱いご飯にあいますし、簡単手早くもできるので安定した良い料理方法と思います。ただそれ以外でもおいしくいただけます。例えば煮物料理としてですが、白身でたんぱくで癖のない味わいですし、干物ならではの熟成された奥深さもあります。煮ていただく場合の一番簡単なのは鍋料理でしょう。たらちり鍋やフグ鍋の主役を交代するだけで大丈夫です。白菜水菜しいたけなどに特にあっています。寄せ鍋でもちゃんこなべでも味付けをあまり問わないのもいいところです。


鍋の時期以外なら普通の煮つけにも使えます。例えばぶり大根のぶりの代わりにほっけの干物を使っても大丈夫です。ただ味付けは生臭さを消すためというより、ほっけの淡白な味わいを補うためにも多少濃い目でしたほうがおいしくいただけます。 ただ面倒なのはほっけの骨ですね。性能の良い圧力なべをお持ちなら、少し長時間煮て骨をぼろぼろにして骨ごと食べてしまうという方法もあります。我が家では圧力なべにほっけ投入→一度放置して再度圧力なべに大根をいれて加圧…という方法で簡単にほっけ大根を作っています(ただ、小さいお子さんをお持ちの方には進められないですね)。

少し手間暇をかけれるなら南蛮漬けもおススメです。この時の注意点としては干物から料理していくなら、どうしても薄みになってしまうので火を通しすぎないように気を付けてください。またあんかけにするのならこれもやや濃い目の味付けの方がおいしくいただけます。

北海道以外ではあまり鮮魚としては出回ってませんが5月から夏過ぎまでは手に入れるチャンスです。生のほっけが手に入ったらムニエルも試してみましょう。 魚は足が早いですが、その中でもほっけは足が早いです。フライパンでしっかりと火を通してバター油で仕上げてください。

いくつか料理方法を提案させていただきましたが、味付けは比較的お好みでいいのがほっけの良いところです。我が家では、醤油 ポン酢以外に焼き肉のたれやごまだれで頂いたこともありますが、もともとの素材が淡白なのでどんな味付けでも失敗したことはありませんでした。 白身魚が好きな方でもほっけを食材として積極的に利用したかはそんなにはいないと思います。思い切っていろいろな使い方を試してみてください。それらを受け止めるだけの素材としての奥深さのある魚、魚偏に花と書く魚、それがほっけです。