魚のほっけの特徴と味わいについて

魚が好き…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。魚はとてもヘルシーであり、そして栄養価も高いため、肉ばかりの食卓よりも、魚を味わった方が健康的であると言われています。

中でも魚の「ほっけ」は、居酒屋などのメニューでも定評があり、時々食べたくなるという部類の魚であるといえるでしょう。

元々、魚のほっけは、日本海や、オホーツク海などで捕れる魚です。また、ロシアなどの寒い地方でもまとまって獲ることが出来る魚です。

ほっけという魚は、実は戦後の食糧難の時代から、日本では配給されてきたという歴史がありますので、ほっけというと、それほど美味しくない魚である…というイメージを持っている年配者が特に多いのが特徴です。特にまずいだとか、安物の魚だとかそういったイメージを持つ人は多いですが、しかし、実はそうではありません。ほっけは料理の仕方によっては、実に味わい深くいただくことが出来る魚であるといえるでしょう。

ほっけは、その他の料理にも適していますが、主に干物として知られています。

庶民的な干物は代表的なものであり、以前から、庶民の食卓に並んでいましたが、今では価格が高騰していて、国内産のものはとても高価なのが特徴です。

加工品で出回っていることが多いので、そもそも鮮魚として出回っていることは少ないです。最近では、すり身などで販売されていることが多いです。この理由として、鮮度がとても落ちやすく味なども落ちやすいからという理由があると言われています。

団子汁やつみれなどにして食べられることが多いですが、干物のイメージが大きいため、あまり使われることがありません。

しかし、味わい深くて、なじみのある味であることから、居酒屋メニューなどでも近年では人気となっています。

さらに、ほっけは、栄養分が非常に豊富であり、カルシウムが含まれているため、成長期の子供がぜひ摂りたい食品であると言われています。カルシウムの他、ビタミンなどが豊富に含まれていて、生活習慣病の予防としても効果的な魚です。

味は、馴染み深い白身魚で、身が離れやすいという特徴から、子供で食べやすく、定食料理などにも出されることが多いです。

鮮度がよければ良いですが、鮮度が落ちやすいので、家庭では焼いて食べた方が良いといえるでしょう。

しかし、ほっけはデメリットもあるといえます。それは、骨を摂ることがとても難しいというデメリットです。確かに身は離れやすいというメリットはありますが、干物の場合にも両側に骨がついているため、毟って食べるのがとても難しいといえるでしょう。

背中から半分に割いて、そして片方ずつ食べるというのが簡単な方法ですが、子供が食べるのにはまだまだ難しいといえます。

居酒屋などのメニューの場合でも、熱いうちに早めに身と骨を割いて別にすることによって、大人数で分けやすくなります。冷めると身が固くなってしまい、骨を取り除くことが困難になっていまいますので、早めに骨と身を割くことが一番の方法であるといえるでしょう。